©KENJI YOKOTANI PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.

  • Black Instagram Icon

風景写真とは。



自分にとっての風景写真とはなんぞや。

とにもかくにも。

すげー!きれい!俺も撮りてぇー! 

って、思ってたんだけど。

いや・・・今でも思いますがW

風景写真って、

1)絶景が見られる場所にいけるかどうか(気力と体力)

2)天候がベストな状態か(運)

3)撮り方を知っているか(経験と知識)

4)どれだけ良い機材をもっているか(装備)

で、大体決まってしまうところがあると思うのです。

撮れなかったら、また今度行こうって思うところもあるし。


この前SONYのショールームに行ったとき、

風景写真家さんが、いろいろと話されているのを聞いていると。

・僕はそこの雪景色が撮りたかった。イメージはできていた。

・関西はあまり雪が降らないから、この日はチャンスだった。

・目の前の光景を見たときに、「静寂さ」を感じた。

・写真で「静寂さ」を表現するために池の水を滑らかにしたかった。

・だから15秒の長時間露光した。

確かに自分も撮ったことのあるその風景の雪景色は何とも素晴らしかった。


何が言いたいのかというと、サラリーマンだから厳しいんだよね。(←泣き言)

ベストな時期に、ベストな場所で、ベストな時間帯に、何度か足を運ぶってのが。

いける日を狙って行くしかないというかOrz

たまに今この状況でもいいからとりあえずその場所に行って写真におさめたいって思うこともあるけど、そんな感じだと、どうしても気力が負けてしまう。

だって。

撮った写真。

何に使うのか?

大きいサイズであればあるほど感動もする。

じゃあ。

撮った写真。

大きく引き伸ばしてお家に飾る?

そういえば飾ったことがないOrz

いや飾ろうと思える写真を撮ってないからなんだろうW


それと。

日中の写真なら大きく引き伸ばさないなら、もうスマホで十分じゃない?

そんな感じ。

もう年ですねOrz

それと。

朝日を絶景の中で浴びたいってのはあるけど、それは自分だけの記憶。

家族の記憶じゃないんだよね。

まあ趣味っていうものはそういうもんかもしれないけど。

最近そんなことに気づいた。

美しい風景を自分だけのために記録することのなんというか。

だからSNSやブログにあげるのか?

俺。


なんだか、僕はここに行きました。こんな素晴らしい景色を見ましたよ。せっかく行ったし記録に残すね。それと、みんなに見てほしいから。ってのに疲れたのもある。

今、いろんなサイトがあって世界中の素晴らしい風景写真が簡単に見れるでしょう。

とくにパシャデリック。

もうそれ見てるだけで充分満足みたいなとこある。

写真をみて感動するのはその風景が綺麗からでしょう。

上の要件満たせば、誰だって撮れるでしょう。

そんなものが撮りたいのか自分。

それと。

風景ってそのまんまだから「表現」って難しいんだよね。

見たまんまが綺麗だから。

1枚で完成形みたいなとこある。

もちろん絶景なんだから画的に一番感動はするんだけどね。

・・・。


といいつつも。

やっぱ風景は好きだから。

ついついパシャデリックで旅地域の撮影スポットを検索してしまいます。

なので。

会社引退してからに大事にとっておこうと思います。(←結局撮るんかい!)

たぶん年とってって定年したら、時間もあまるほどあるし、

美しいものを追い求めるんでしょうね。

1枚で完成形の写真を。

今はむしろ、表現の「芯」さがしの旅、時々風景とスナップ。