©KENJI YOKOTANI PHOTOGRAPHY All Rights Reserved.

  • Black Instagram Icon

トリウムレンズはどれなのか(オールドレンズSuper-Takumar 55mmF1.8)



SMC Takumar 55mmF1.8(カメラのナニワで6800円)

Super-Takumar 55mmF1.8(ヤフオクで6800円)

僕にとってはトリウムかそうでないかはどうでもよいのだけど、ペンタックスのオールドレンズTakumar 55mmF1.8が虹色のフレアが出て、それが真円に出る写真をみたから欲しくなったレンズ。

虹色のフレアが出るオールドレンズは、ほかにもIndusterSuper-Takumar50mmF1.4とかHeliosとか色々ありまして、その作例についてはそれぞれの記事を見ていただければ分かると思います。

ただ、どれもいい感じに「真円」が出なくて、被写体を「虹色フレア」で囲みたい欲求がW

まずSMC Takumar 55mmF1.8をゲット。

最初のショットで、虹色ではないけれど、おぉー!!ってな感じになって、いろいろと試してはみたのですが、出なかったOrz


ちょっと気持ち黄色味かかってるけど、これはトリウムレンズではありませんね。


いろいろと調べていくうちに、PENTAXの55mmF1.8というオールドレンズは、製造された年代によって大分と違うことが分かってきました。SMCとはSuper・Multi・Cortingの略で、大昔のオールドに比べればきれいにコーティングされたレンズなんですね。どうりできっちり、かっちり写ると思いましたよ。

僕の中ではきっちりかっちり写るオールドレンズというものは、面白みがないレンズという事。

そこで2週間もしないうちにSuper-Takumar 55mmF1.8をヤフオクでゲット(笑)

かなり黄色味が激しくて、たぶんトリウムレンズだと思います。


では作例を。。。(そのうちにいいものをアップします。)

おおー!!!!! この円の中に被写体を入れたい。


虹色フレアという点では、ASAHI PENTAX6×7の100mmF2.4が一番綺麗に出ると思うんだけど、自分の持ってるやつがでなくて、これも型式違いかと。でももう一つ買おうと思っても1万以上するからつい慎重になっちゃいます。

これで僕のオールドレンズ遊びは終わり。いろいろとTPOによって使い分けてメルヘンな花写真を撮りたいと思います。


#オールドレンズ